『金メダル男』知念侑李、 土屋太鳳にダンスで対抗心燃やす「ジャニーズ1なので負けてられない」

映画『金メダル男』完成披露試写会が13日、都内・有楽町朝日ホールにて行われた。この日、監督・脚本を務める内村光良、W主演の知念侑李(Hey! Say! JUMP)をはじめ、木村多江、土屋太鳳、平泉成、宮崎美子らが登壇した。

金メダル男

本作は、内村が2011年に行った一人舞台「東京オリンピック生まれの男」をもとにしたエンターテインメント作品。さまざまな一等賞にとことん全力で向かっていく“一番を目指し続ける” 主人公・秋田泉一の波瀾に満ちた人生をユーモアたっぷりに描き出す。

大歓声で迎えられた知念に、バラエティ番組などで親交の深い内村は「知念の人気の高さに驚いています」と驚き。完成した作品の初お披露目に「5年前に1人舞台でやったものを豪華キャストと映像として実現できたことに感無量です。だってあれ(劇中の登場人物)全部1人でやってましたから」と笑いを交えて挨拶。知念との共演に「歌舞伎の見得を切る顔とかやってもらったんですが、最初は非常に抵抗感がございました。それがみるみる上達して、自ら変顔をやってくれます。本当に変な表情がいっぱい出てきます。『こんな知念は見たことがない』というくらい、そこを大いに笑って楽しんでいただけたら」と明かした。

金メダル男

そんな内村監督からの演出を受けた知念は「やっぱり顔ですかね。とても整った顔をしているので、これが崩れるというのが難しかった」とイケメンキャラをアピール。すかさず内村が「自分で言うな(笑)」とツッコむと、知念は「少し調子に乗りすぎました(笑)」と笑顔をのぞかせた。

本作で漫才やダンスに挑戦したという木村は「今回は挑戦することが映画のテーマでもありますので、いろいろやらせていただきました。漫才やダンス、びっくりしたのがコケる練習をしたりとか(笑)漫才のシーンでは監督にツッコむところがあって、頭を叩くのが勇気入りましたね。でも本番は思い切り叩かせていただきました」と振り返った。内村は「ガンガン叩いてます!(木村とは)舞台・ドラマと共演させていただいたこともあって、映画では多江さんの面白さを魅せられたらいいなと思い、無茶な注文をしたりしました。それに100の力で返してくれて、感謝しています」と明かした。

金メダル男
金メダル男

また、泉一が淡い恋心を抱く「表現部」の後輩・横井みどり役の土屋もダンスシーンがあると話し、「見本になるムービーをいただいて、練習させてもらいました。練習から本番まで内村監督が磨いてくださって、知念さんとのW泉一に挟まれながら全力で踊りました」と笑顔。共演した知念は「太鳳ちゃんがうまいんですよ!僕も一応プロですから、『負けられないな』とすごい燃えました」と当時を振り返り、「やっぱり(ダンスは)ジャニーズ1だと思っているので…少し調子に乗りすぎました(笑)」と先ほどと同様の流れに、会場は爆笑の渦に包まれていた。

金メダル男

最後に知念が「本当に素敵な作品ができました!この映画界で金メダルを取りたいなと思います!」とアピールすると、「今日は調子いいなお前!」という内村も「この映画で金メダルを取りたいと思います!」と丸パクリ。気を取り直して内村は「何の金メダルかはわかりませんが、『今年この映画で一番笑ったで賞』なんてものがあったら獲りたいと思います。皆さんに最初っから笑えてもらえたら一番幸せです」と語り、イベントを締めくくった。

映画 『金メダル男』 は10月22日より全国ロードショー

【CREDIT】
原作・脚本・監督:内村光良
出演:内村光良 知念侑李(Hey! Say! JUMP) 木村多江/ムロツヨシ 土屋太鳳/平泉成 宮崎美子/笑福亭鶴瓶 ほか
配給:ショウゲート 公式サイト:kinmedao.com

©「金メダル男」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で