『PとJK』土屋太鳳、亀梨和也のセクシーな大人の色気に「王子様に出会うってこういう感じ」

映画『PとJK』完成披露パーティーが7日、都内・丸の内ピカデリーにて行われ、亀梨和也、土屋太鳳、高杉真宙、玉城ティナ、西畑大吾、村上淳、大政絢、廣木隆一監督が登壇した。

PとJK

三次マキ原作の同名コミックを映画化した本作は、警察官(P=POLICE)と女子高生(JK)が繰り広げる秘密の年の差結婚を描いたラブストーリー。警察官の功太を亀梨和也、功太と合コンで知り合う大学生のカコを土屋太鳳が演じるほか、大神平助役を高杉真宙、矢口三門役を玉城ティナ、永倉二郎役を西畑大吾がそれぞれ演じる。監督を『オオカミ少女と黒王子』の廣木隆一が務める。

この日、主演の亀梨と土屋2人による「映画『PとJK』をキャスト・スタッフみんなで力を合わせて大ヒットに導くために『私はこの映画を通して皆様を幸せにすることを誓います(亀梨)』『私はカコちゃんの幸せを全力で伝えることを誓います(土屋)』(2人揃って)誓います!」という誓いの言葉を皮切りに、オープニングセレモニーを華々しく飾ったキャスト陣。

PとJK

本格的な恋愛映画は初挑戦という亀梨。これまでのイメージとはまた違った魅力を放っている真面目な警察官・功太を演じてみて「警察官としてのリアルを求めたり、極端にファンタジーにすることなく、自分の(セクシーな)イメージが漏れ出ないように…気をつけました」と笑顔。MCから「どのように気をつけられたのですか?」と尋ねられると、「やっぱりセクシーは常に出てしまいがちなので、そこはクッと抑えて演じさせていただきました」と明かした。

頭にティアラを飾った純白のミニウェディングドレス姿で登場した土屋は、亀梨との初共演に「正直に言いますと…クールでいらっしゃるかと思いきや面白い部分も持っていらして、大人の男性の方ってすごいなって思ったんです!」と語る。「お話をしていて、身のこなしがすごくレディファーストで、私の気づいていないところで気を使ってくださった。王子様に出会うってこういう感じなのかなって」と笑顔をのぞかせると、亀梨は「セクシーが出ちゃってたかな(笑)」と笑いを誘っていた。

PとJK

一方、札付きの不良少年・大神平助を演じた高杉は、髪を金髪の染め上げて役になりきったようで「金髪の不良少年なので、みんなが近寄ってこないんです。なので(撮影中は)すごく寂しく学園生活を送っていました。でもその後の文化祭以降は結構楽しくて、みんなとお話ししてワイワイしました」と撮影を振り返る。去年含めて3回ほど続けて共演したという土屋は、「すごく真面目なんです」と言い、「大神役は本当に素晴らしかったですよね!?(亀梨に振る)すごく真剣に…親子との関係だったり、生きる部分で深いところを表現されていて、本当に良かったと思います!」と高杉を絶賛。亀梨は「ちょいちょい『お前助けろよ』みたいなやつやめて(笑)」「演技の先生みたい(笑)」と土屋の天然トークがツボに入った様子で、声を上げて笑っていた。

また、同年代の共演者が多かったものの、お互い人見知りを発揮してしまい、なかなか現場に馴染めなかったと話す西畑。「控室でみんな本読んだりして座ってたんですよ。そこにセクシーでスマートな亀梨くんが来て『西畑くんダメだよ。ジャニーズなんだから、エンターテイナーなんだから盛り上げないと!』って言ってくれて」と言い、高杉や玉城らとじゃんけんやしりとりから始めて、徐々に交流を深めていった様子。「本当にそこから仲良くなれて、亀梨くんのおかげです!」と笑顔をのぞかせると、亀梨は「おおきに」と応えていた。

最後に亀梨は「ここまで撮影してからあっという間な気持ち。いよいよ皆さんの元にお渡しできる日が迫ってきて、どういう感想を持っていただけるのかすごくドキドキしています。観ていただいた後、すごくハッピーな温かい気持ちになっていただける作品になっています。ぜひ楽しんでいただきたい」とメッセージを贈り、イベントを締めくくった。

フォトギャラリー


PとJK
PとJK
PとJK

PとJK
PとJK
PとJK

PとJK
PとJK
PとJK

映画『PとJK』は3月25日(土)より全国公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で