『武曲 MUKOKU』綾野剛、意外なライバルの存在明かし赤面「個人的な“研”さん対決が…」

映画『武曲 MUKOKU』完成披露試写会舞台挨拶が15日、都内・よみうり大手町ホールにて行われ、主演の綾野剛をはじめ、村上虹郎、前田敦子、風吹ジュン、小林薫、柄本明、監督の熊切和嘉が登壇した。

武曲

本作は、古都・鎌倉を舞台に、“師匠と弟子”2人の男の愛と再生を描き出す。母は亡く「殺人剣の使い手」と称されていた父(現・植物人間状態)を持つも、アルコール漬けで自堕落な日々を送る剣道五段の矢田部研吾を綾野剛が、彼の前に現れるラップの作詞に夢中な天衣無縫の高校生・ 羽田融を村上虹郎がそれぞれ演じるほか、前田敦子、風吹ジュン、小林薫、柄本明が出演する。監督を『私の男』の熊切和嘉が務める。

武曲

大歓声に「みなさん温かいですね!ありがとうございます」とハニカミながら登場した綾野。「熊切監督とは一度5年前にご一緒させていただいていて、その時は熊切組に参加できた喜びが大きくて、地に足がついていない状態で気づいたらもう撮影が終わってしまったんです。それから5年が経ち、(5年間の間に)自分の鮮度を高めて最高の素材として現場に立てるようにと思っていました」と熊切監督との再タッグを振り返る。

武曲

役作りについては「インする前に2ヶ月間しっかり時間が取れたので、剣道練習はもちろん、肉体的なトレーニングも含め、フィジカル面を非常に強くしました。完全にアスリートのようでしたね。トレーニング中はアルコールを一切摂取せずにやっていたので、そのフラストレーションみたいなものがきっちり作品の中に見出されていると思います」と語った。

武曲

そんな綾野と、10分以上に及ぶ殺陣シーンをはじめ剣を交えた村上は「雨と風とスミが降ってくるアクションシーンで、足場もドロドロ、男2人がぐしゃぐしゃになるんです。でも楽しかったです!ちょこちょこ怪我して、突き指とかした時に、剛さんが誰よりも早く『(スタッフを呼ぶように)はいアイシング!!』って叫んでくれて。こんな頼りになる人いるんだと、しかも俳優さんで!」と明かす。綾野も「地獄のような現場だったよね」と過酷な撮影を振り返っていた。

武曲

イベントでは、本作で描かれている師匠と弟子の“ライバル関係”にちなんで、キャスト陣に「自身が思うライバルは?」との質問が。綾野は悩みながらも「決してふざけているわけではなく、パッと思い浮かんだのは『武曲 MUKOKU』で演じている矢田部“研”吾、別の作品で“研”さんを演じていまして…“研”さん対決だなと自分の中で思っていまして(笑)天使のような優しい“研”さんが勝つか、地獄のような“研”さんが勝つか楽しみです!」と、自身が主演を務める「フランケンシュタインの恋」(日本テレビ系・毎週日曜よる10時30分放送)で演じている深志研との意外なライバル関係を明かし、会場の笑いをさらっていた。

だが、村上が「両親ですね。同じ業界にるということも位置付けとしてあるんですが、そうじゃなくても永遠のライバルかなと思います」と真剣な眼差しで答えると、綾野は「いや…ちょっと恥ずかしいな」と赤面。さらに、前田が「AKBにいた時はライバルという存在を周りの人たちが作り上げてくれて、切磋琢磨していける、そういう存在がいることはすごく幸せなことだと思います」と話すと、「(ステージ上で)僕が今日センター取っちゃってるから、なんかしっくりこないなぁ」とお茶目な一面をのぞかせていた。

武曲
イベントの最後に「武曲」の原作者・藤沢周を観客に紹介する綾野剛と村上虹郎

映画『武曲 MUKOKU』は6月3日より全国公開

【CREDIT】
原作:藤沢周「武曲」(文藝春秋刊)
監督:熊切和嘉 脚本:高田亮
出演:綾野剛 村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林薫 柄本明ほか
公式サイト:mukoku.com

(C)「武曲 MUKOKU」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で