片寄涼太、初出演作公開に万感の想い「『兄こま』の世界を楽しませてもらった」

映画『兄に愛されすぎて困ってます』初日舞台挨拶が30日、都内・丸の内ピカデリーにて行われ、土屋太鳳、片寄涼太 (GENERATIONS from EXILE TRIBE)、千葉雄大、草川拓弥、杉野遥亮、監督の河合勇人が登壇した。

兄に愛されすぎて困ってます

本作で映画初出演を果たした片寄。土屋扮するせとかのイケメン兄・はるかを演じて「わからないことだらけでしたが、ここにいる皆さんをはじめ、たくさんの方々に支えていただいて、自分自身、本当に『兄こま』の世界を、はるかとして楽しませていただくことができました!今日を皮切りに、たくさんの方に『兄こま』の世界を楽しんでいただけたらと思います」とハニカミ。共演した千葉は「初映画の記念すべき時に一緒に立ち会えて嬉しく思います!好感度上げにいってます」と無邪気に祝福していた。

本作を楽しむツボを聞かれた片寄は「自分にとってもすごく苦労して撮影させていただいた、予告でも使っていただいているバックハグのシーン。自分が演じさせていただいたはるかにとって、あれがもうすべての気持ちを表していて…気持ちが溢れてしまうシーンだった」と明かした。そんな片寄に対し、土屋は「お兄がお兄で良かったです!」と感謝の気持ちをあらわにしていた。

兄に愛されすぎて困ってます


夜神里奈原作の同名少女漫画を映画化した本作は、告白12連敗中で全くモテないが恋愛体質な女子高生・橘せとかが、突然訪れた“人生初のモテ期”に困惑しながらも、自分の本当に好きな人を見つけるため奔走するラブストーリー。橘せとか役を土屋太鳳、ヤンキー系でクールだけど実は誰より妹想いなイケメン兄・橘はるか役に片寄涼太、せとかの初恋相手で超毒舌なセレブ研修医・芹川高嶺役に千葉雄大、ホスト系スウィートBOY・美丘千秋役に草川拓弥、ヘタレ系塩顔男子・芹川国光を杉野遥亮がそれぞれ演じる。監督を『黒崎くんの言いなりになんてならない』『俺物語!!』の河合勇人が務める。

映画『兄に愛されすぎて困ってます』は全国公開中

【CREDIT】
監督:河合勇人 脚本:松田裕子
原作:夜神里奈「兄に愛されすぎて困ってます」(小学館「Sho-Comi」連載中)
出演:土屋太鳳、片寄涼太 (GENERATIONS from EXILE TRIBE)、千葉雄大 ほか
配給:松竹株式会社 公式HP:anikoma-movie.jp

(C)2017「兄こま」製作委員会 (C)夜神里奈/小学館

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で