アニヤ・テイラー=ジョイ主演ホラー『ウィッチ』劇場窓口で呪文を唱えると割引になる”魔女割り”実施

サンダンス映画祭監督賞受賞「近年まれに見る、実に不気味なホラー映画(TIME OUT NEW YORK)」と絶賛されている衝撃作『ウィッチ』が7月22日(土)より公開される。この度、劇場窓口でチケット購入時に呪文を唱えると割引になる“魔女割り”の実施が決定した。

ウィッチ

本作は、 1630年のニューイングランドを舞台に、敬虔なキリスト教生活をおくるために森の近くにやって来た家族が「娘は魔女かもしれない」という疑心暗鬼から狂気の淵に陥っていく新感覚ダーク・ファンタジー・ホラー。父親から魔女と疑われる主人公を、M.ナイト・シャマランの『スプリット』でヒロインに抜擢されたアニヤ・テイラー=ジョイが演じる。監督を務めたロバート・エガースは、本作で2015年にサンダンス映画祭監督賞を受賞。定評ある演出で、次回作はホラー映画史に残る『吸血鬼ノスフェラトゥ』(1922)のリメイク版監督に抜擢され、今や新鋭監督として最も期待される存在として一目置かれている。

“魔女割り”とは自分が魔女だと証明すれば割引料金でチケットを購入できる本作限定の割引システム。方法は、自分が魔女だと証明する為に呪文を唱えるだけ。劇場窓口でのチケット購入時に係員に聞こえるように”あなたが習得した呪文”を唱えると、当日窓口一般料金より300円割引される。ちなみに呪文はどんなものでも許されるらしい。また、割引後に渡される用紙に唱えた呪文を記入、設置のBOXに入れるとおもしろい呪文は公式SNS等で紹介される。また、公開初日より先着500名に本作とコラボした特別パッケージの炭酸栄養ドリンク“チョコラBB®ジョマ”がプレゼントされる。
※その他割引との併用不可。
※オンラインチケット、自動券売機にはご利用いただけません。
※ご購入後の割引は出来ません。

映画『ウィッチ』は7月22日(土)より全国公開

【CREDIT】
監督・脚本:ロバート・エガース
出演:アニヤ・テイラー=ジョイ ラルフ・アイネソン ケイト・ディッキー ハービー・スクリムショウ エリー・グレーンジャー ルーカス・ドーソン
配給:インタ ーフィルム

©2015 Witch Movie,LLC.All Right Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で