実写名作ドラマをアニメで再構築、『打ち上げ花火』宮野真守が企画意図に感心しきり

劇場アニメーション映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』製作報告会見が11日、都内・新宿パークタワーホールにて行われ、広瀬すず、菅田将暉、宮野真守、松たか子、原作者の岩井俊二、企画・プロデュースの川村元気が出席した。

打ち上げ花火

原作・岩井俊二、脚本・大根仁、総監督・新房昭之が豪華タッグを組む本作は、“繰り返される夏の一日”、恋の奇跡を描くラブストーリー。「花火は横から見たら丸いのか?平たいのか?」夏休みの花火大会を前に、クラスのアイドル的存在・なずなに想い寄せる典道は、ある出来事から時間が巻き戻る不思議な体験を繰り返していく。再婚する母親から逃れようと「かけおち」を画策するヒロイン・なずな役に広瀬すず、典道役を声優初挑戦となる菅田将暉、典道の恋敵となるクラスメイト・祐介役を宮野真守が演じる。

打ち上げ花火

「この作品の質感を収録の時からちゃんと表現できた」と自信をのぞかせる宮野。これまで数々のアニメーション作品を牽引してきただけあって、広瀬と菅田も信頼を寄せていた。実写ドラマである原作を、アニメーションとして再構築した本作に対し、宮野は「お話を聞いた時はびっくりしました!たくさん聞かれているかと思うんですが、どういった経緯で製作されようと思ったのでしょうか?アニメーションでどうなるんだろうと、僕自身も気になっていて…」と原作者の岩井、企画・プロデュースを担当した川村に質問。

打ち上げ花火

岩井は「(川村から本企画の話を聞いた時)最初はびっくりしました。『打ち上げ花火を!?』という感じでしたが、アニメで観れたら嬉しいなという気持ちはありましたね」とコメント。細田守作や、新海誠の『君の名は。』など名だたるアニメーション監督の作品をプロデュースしてきた川村。本作の企画意図について「新房昭之監督の『化物語』『魔法少女まどか☆マギカ』を観て本当に衝撃を受けました。『こんなビジュアルセンスの人がいるんだ』と。一緒に映画を作りたいと思い、ずっとやりたかった『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の企画を持って会いに行きました」と経緯を話す。

打ち上げ花火

「映画業界的には、あまりにパーフェクトだから触っちゃいけないとアンタッチャブルなものとして存在していたんです。実写であの瑞々しさを表現するのは難しいだろうと言われていたんですが、アニメーションならそれが表現ができるんじゃないかと考えました。それから岩井さん許可をいただき、新房監督のところに持って行ったら『面白いね』と。『モテキ』『バクマン。』を一緒にやった大根仁監督が『打ち上げ花火』の大ファンということで、3人の映画監督に集まってもらったら、何か新しい表現が生まれるんじゃないかと思ってプロデュースしました」とその詳細を明かした。のめり込むように聞き入っていた宮野は「感動しました!よかった聞けて…」と感心しきりだった。

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は8月18日(金)より全国東宝系にて公開

【CREDIT】
声の出演:広瀬すず 菅田将暉 宮野真守
原作:岩井俊二 脚本:大根仁
総監督:新房昭之 監督:武内宣之 音楽:神前暁
アニメーション制作:シャフト
公式サイト:http://uchiagehanabi.jp

©2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で