イザベル・ユペール×ギャスパー・ウリエル共演、娼婦に魅せられた作家が堕ちる『エヴァ』予告解禁

イザベル・ユペールとギャスパー・ウリエルが共演する映画『エヴァ』が7月7日(土)より公開される。この度、本作の予告編が解禁となった。

エヴァ

原作は英国の作家ジェームズ・ハドリー・チェイス(1906-1985没)の小説「悪女イヴ」。他人の戯曲を盗んで発表したことで一躍成功をつかんだ作家ベルトランが、2作目の執筆に悩む中、ある出来事を機に出会った娼婦エヴァに惹き込まれ、周囲の人間を巻き込み官能と破滅の道を突き進んでいくさまを描いた官能サスペンスだ。

エヴァ

娼婦エヴァ役にイザベル・ユペールが、彼女に魅了され堕ちていく作家ベルトランをギャスパー・ウリエルが演じる。監督を『マリー・アントワネットに別れをつげて』のブノワ・ジャコーが務める。

映画『エヴァ』は7月7日(土)より公開

©2017 MACASSAR PRODUCTIONS – EUROPACORP – ARTE France CINEMA – NJJ ENTERTAINMENT – SCOPE PICTURES

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で