ディラン・オブライエン×マイケル・キートン『アメリカン・アサシン』2ショットインタビュー

6月29日(金)に公開される映画『アメリカン・アサシン』より、ディラン・オブライエンとマイケル・キートンの2ショットインタビューが到着した。

アメリカン・アサシン

原作は、累計売上げ2500万部を誇るヴィンス・フリンの全米ベストセラー小説“ミッチ・ラップ”シリーズ初の映画化。『メイズ・ランナー』シリーズのディラン・オブライエン、『スパイダーマン:ホームカミング』バルチャー役などで知られるマイケル・キートンがバディを組む本作。無差別テロで恋人を殺された青年ミッチ・ラップ役にディランが、CIAの冷徹な教官スタン役にマイケルが扮する。監督を、TVシリーズ「HOMELAND」の演出を手がけたマイケル・クエスタが務める。

──本作の魅力は?

アメリカン・アサシン

ディラン・オブライエン:この作品を気に入ったのは、新鮮な感じがしたからだ。とても斬新で今までにないような作品だ。アクションヒーローは謎めいた存在であることが多い。背景を知ることは少ない。本作は主人公が辿る道を共に歩むことで共感できる。特に悲劇はどこか人を惹きつける力を持つ。現実味溢れる内容でもある。実在の国家の暗殺者と話す機会があったけど、本作と同様の背景を持つ人も少なくない。実際にね。本作は暗殺者の興味深い人生を独特な視点から捉えている。国のために闘う暗殺者のリアルな人生を語ってるんだ。

──演じた“スタン・ハーリー”について

アメリカン・アサシン

マイケル・キートン:ハーリーは究極の実用主義者だ。平気で人を使い捨てる。だからこそ生き延びてこれた。冷酷な人間だ。変貌自在ですべてに秀でている。長年の経験が彼を鍛えた。彼は自分が唯一無二の特別な存在でいたかった。有意義な存在にね。「平凡な仕事なんてゴメンだ」と。異様なほどの上昇志向で常にベストを目指す。

──演じた“ミッチ・ラップ”について

アメリカン・アサシン

ディラン・オブライエン:彼は突如どん底に突き落とされてしまった。恋人を失ったミッチは絶望に瀕し、悲しみのあまり殻に閉じこもってしまう。恋人を殺されたトラウマに苦しむ日々を送り、強い復讐心を抱くようになるんだ。自分に起こった悲劇を受け止めきれず、怒り苦しむ。傍若無人に振る舞うことでしか対処できない。やがて抑えきれない殺意が芽生え、自暴自棄になってしまうんだ。自分に何が起こったか理解できずに、暗中模索で心の闇を彷徨う。心の平安を求めて闇雲に出口を探る途中で、彼はあることに気付く。心の傷は決して癒えることはない。全てを葬り去るのは不可能だと。そして自分の使命を見つける。悲しみしか生まないテロを未然に防ぐんだ。

──お気に入りのシーンは?

アメリカン・アサシン

マイケル・キートン:意外にもシンプルな場面が好きだ。カフェで座っている場面でふと気付いた。「ここはローマだ いいね」と。異国の地での撮影は楽しかったよ。もちろんアクションも楽しい。私がスタントマンをボコボコに倒せるなんて楽しすぎるよ。子供心に戻って大いに楽しめる。だが、何気ない場面を好むんだ。気に入っている場面は、イラン人の相方と話す場面だ。相方とカフェでただ座っている。残念ながら短く編集されてしまったが、映画作りとはそういうもの。だから仕方がない。人間だから普通の会話もする。常に標的を追っている訳ではない。

アメリカン・アサシン

ディラン・オブライエン:マイケルと同じく会話の場面が好きだ。相手とじっくり向き合うのは勉強になる。充実した気持ちにもなれる。演技に没頭できるし、色々試す事もできる。腰を据えてね。だが、格闘やアクションも気に入っている。 時間があっという間に過ぎる。すごく楽しい。通常の演技とはまた別物だ。カメラワークも独特だしね。特に射撃訓練場での的撃ちが楽しかった。すべてが最高さ!

映画『アメリカン・アサシン』は6月29日(金)より全国公開

© 2018 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

アメリカン・アサシン

アメリカン・アサシン

3.9
2018/6/29 (金) 公開
出演
ディラン・オブライエン/マイケル・キートン/テイラー・キッチュ ほか
監督
マイケル・クエスタ