ティム・バートン実写版『ダンボ』予告、ダンボが“空を飛ぶ”理由が明らかに

鬼才ティム・バートン監督がディズニーの同名アニメーションを実写映画化した『ダンボ』の予告映像が解禁となった。

ダンボ

解禁された映像では、愛くるしい瞳と大きな耳を持つ赤ちゃん象=ダンボがいかにして“空を飛ぶ”のか、そして空を飛ぶ理由が明らかになる。戦争から戻ったサーカスの元看板スター・ホルト(コリン・ファレル)が世話をすることになった母象ジャンボの子供としてサーカス団で生まれたダンボは、他の象とは異なる大きすぎる耳を理由に笑いものにされてしまう。父ホルトの不在中に母親を病気で亡くした娘ミリー(ニコ・パーカー)と息子ジョー(フィンリー・ホビンス)は、そんなダンボを「キミの耳はステキだよ」と可愛がり、家族の一員として生活していた。

ダンボ

ある日、ダンボと遊んでいた2人はダンボが偶然鼻から羽根を吸い込み、くしゃみをした勢いで宙に飛び上がる姿を目撃。ダンボの“空を飛ぶ”才能を発見する。そんな中、ある事件をきっかけに母象と離れ離れにされ悲しみに暮れるダンボは、自身も金儲けを企むNYのサーカス「ドリームランド」の経営者ヴァンデバー(マイケル・キートン)に目をつけられてしまう。閉じ込められた鉄格子を挟んで、少しでも触れ合おうと、ジャンボと小さなダンボが懸命に鼻を伸ばし抱擁するシーンは、見る者の涙を誘う切なさが漂う。

「ママに会いたい」という強い想いを抱くダンボに、母を亡くしたミリーとジョーは深く共感。ダンボを助けたいという子供たちの純粋な心に、荒んでいたホルトも心を動かされていく。心を一つにしたサーカス団の家族は力を合わせ、ダンボとママを再会させるべく、壮大な救出作戦を計画。「一緒にママを取り戻そう。あなたならできる」というミリーの力強い言葉に背中を押され、ダンボは勇気を出して空を飛び、再びママに会うことができるのか!?小さなダンボがコンプレックスを強さに変え、一歩踏み出そうとする姿は、観る者すべてに勇気を運ぶ。世界中を包み込む“勇気”という魔法に感動必至だ。

映画『ダンボ』は2019年3月29日(金)より全国公開

(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ダンボ

ダンボ

0.0
2019/3/29 (金) 公開
出演
コリン・ファレル/エヴァ・グリーン/マイケル・キートン ほか
監督
ティム・バートン