盲目の少女と“姿の見えない”青年が恋に落ちる『エンジェル、見えない恋人』ビジュアル解禁

神様メール』『トト・ザ・ヒーロー』のジャコ・ヴァン・ドルマル監督が製作を務める映画『エンジェル、見えない恋人』が10月13日(土)に公開される。この度、ポスタービジュアルと場面写真が解禁となった。

エンジェル、見えない恋人

本作は、目に見えない存在として生まれた青年“エンジェル”と盲目の少女“マドレーヌ”が惹かれあうさまを描くラブロマンス。製作は『神様メール』『トト・ザ・ヒーロー』などを手掛けたジャコ・ヴァン・ドルマル。監督を、俳優としても活躍するハリー・クレフェンが務める。

盲目の少女マドレーヌを、本作で女優デビューを果たしたフルール・ジフリエ。エンジェルの母ルイーズをエリナ・レーヴェンソンが演じる。

エンジェル、見えない恋人

今回解禁されたポスタービジュアルでは、雨の中、少女時代のマドレーヌが壁にもたれかかり、その上に目に見えない存在のエンジェルが傘を差しだし、まるで傘が宙に浮いているように見え、ミステリアスでありながらどこかロマンチックな雰囲気を感じさせる。「ふたりにだけ、見える愛がある―」というコピーと共に、胸がキュンと切なくなるビジュアルとなっている。

エンジェル、見えない恋人

また、盲目の少女マドレーヌを演じた3人の美女の場面写真も解禁。監督が「この映画にはおとぎ話のような側面があるので、時を超越した登場人物を演じるうえで必要な<気品と威厳>がある女優に特にこだわった」と言うように、困難を極めたというキャスト選び。その末に選ばれた3人を映した場面写真は、その条件にピッタリな雰囲気を醸し出している。

エンジェル、見えない恋人

映画『エンジェル、見えない恋人』は10月13日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

©2016 Mon Ange, All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

エンジェル、見えない恋人

エンジェル、見えない恋人

0.0
2018/10/13 (土) 公開
出演
フルール・ジフリエ/エリナ・レーヴェンソン/マヤ・ドリー/ハンナ・ブードロー/フランソワ・ヴァンサンテッリ ほか
監督
ハリー・クレフェン