第1位は『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』!来週公開映画 新作期待度ランキングTOP5(10月第2週)

国内最大級の映画チケット予約サービス「映画ランドは、サービス内のデータに基づいた来週公開映画(2018年10月第2週公開作品)の「新作期待度ランキング TOP5」を発表しました。

第1位:『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』288 Like!

音量を上げろタコ!
ⓒ2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

『転々』『俺俺』『インスタント沼』の三木聡が監督・脚本を手がけ、主演に阿部サダヲ、ヒロインに吉岡里帆を迎えて描く、ハイテンション・ロック・コメディ。

4オクターブの音域と、すべての人の心を打つ声量を持ち、金も女も名声も手にするロックスター・シン(阿部サダヲ)。 しかし彼には誰にも言えない秘密があった。 彼の歌声は、「声帯ドーピング」という掟破りの方法によって作られたものだったのだ。「歌を届けるためなら、もう声が出なくなってもいい、死んでもいい」 長年にわたる声帯ドーピングの副作用で、彼の喉には限界が近づいていた。次第に声が出なくなる恐怖に怯えるシン。そんな中で彼が出会ったのは、歌声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)だった。

第2位:『エンジェル、見えない恋人』188 Like!

エンジェル、見えない恋人
©2016 Mon Ange, All Rights Reserved.

俳優のハリー・クレフェンが監督と脚本を務め、目に見えない存在として生まれた青年と盲目の少女の切なくも愛おしいラブロマンスを描く。

パートナーが謎の失踪を遂げ、悲しみに打ちひしがれるルイーズ(エリナ・レーヴェンソン)は精神病院に収容される。誰にも知られることなく、彼女は男の子を産み落とす。“エンジェル”と名付けられたその子は、目に見えないという驚くべき特性の持ち主だった。ルイーズはエンジェルに自分の存在を決して明かしてはいけないと言い聞かせる。ところがある日、エンジェルは盲目の少女マドレーヌ(フルール・ジフリエ)と出会い、たちまち恋に落ちる。彼女は目が見えないので、正体を隠したまま愛し合うことができる。愛をはぐくみながら成長したふたり。ある日、視力を取り戻せるかもしれないとマドレーヌが告げ、ふたりの生活は一変する……。

第3位:『ルイスと不思議の時計』176 Like!

ルイスと不思議の時計
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC

スティーヴン・スピルバーグのアンブリン・エンターテインメントが製作を務め、“ハリー・ポッターの原点”ともいわれる、ジョン・ベレアーズ著書の『The House with a Clock in Its Walls(原題)』を映画化。

両親を亡くした少年ルイスは、叔父であるジョナサンの古い屋敷に住むことになるが、なんと、おじさんは、二流のポンコツだが、不思議な力を使える魔法使いだった。そして、隣に住むきれいで優しいツィマーマンも魔女。ただし、こちらは一流。ルイスはそんな二人と時計がいっぱいの屋敷で不思議な暮らしを始める……。

第4位:『覚悟はいいかそこの女子。』175 Like!

覚悟はいいかそこの女子。
©椎葉ナナ/集英社 ©2018 映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会

椎葉ナナ原作の同名漫画を『ブルーハーツが聴こえる』の監督井口昇が中川大志を主演に迎え、実写映画化。

古谷斗和(中川大志)は幼い頃から女性からチヤホヤされ、自分はモテると思い込んでいる斗和だが、実は付き合った経験ゼロ、自覚ナシの非リア充男子だった。ある日、同級生から「お前は観賞用男子だ。」と指摘された斗和は、その汚名を払拭すべく学年一の美少女・三輪美苑(唐田えりか)に告白するも、一瞬でフラれてしまう。その後、躍起になって何度もアプローチをするが、撃沈の連続。「俺はヘタレだ。」と自覚し、人生で初めて本気で恋した相手に認めてもらうべく、本気で大奮闘する。ヘタレを克服し、初彼女をゲットすることが出来るのか……!?

第5位:『日日是好日』151 Like!

日日是好日
(C)2018「日日是好日」製作委員会

2002年の発行以来、多くの読者の人気を集める森下典子のエッセイ、『日日是好日 —「お茶」が教えてくれた15のしあわせ—』を大森立嗣が映画化。主演は、『小さいおうち』『母と暮せば』で2年連続日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した黒木華。

たちまち過ぎていく大学生活、二十歳の典子(黒木華)は自分が「本当にやりたいこと」を見つけられずにいた。ある日、タダモノではないと噂の“武田のおばさん”(樹木希林)の正体が「お茶」の先生だったと聞かされる。そこで「お茶」を習ってはどうかと勧める母に気のない返事をしていた典子だが、その話を聞いてすっかり乗り気になったいとこの美智子(多部未華子)に誘われるまま、なんとなく茶道教室へ通い始めることに。そこで二人を待ち受けていたのは、今まで見たことも聞いたこともない、おかしな「決まりごと」だらけの世界だった……。

【映画ランド 新作期待度ランキング
来週公開映画(2018年10月第2週に公開される映画)を対象に、映画ランドサービス(アプリ、WEB)での「観たい」(もしくは試写会等で「観た」)のハートの数1つを1 Like! とし、Like! 数が多い作品から順に「映画ランド 新作期待度ランキング」として算出したものです。
・本ランキングは2018年10月第2週公開の作品を対象とし、10月1日時点のTOP5を発表したものです。
・リバイバル上映作品は本ランキングの対象外です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で