『運び屋』ブラッドリー・クーパー、敬愛する名優C・イーストウッドと“初共演” オファー快諾した経緯語る

いま最も注目される俳優ブラッドリー・クーパーが、3月8日(金)公開の映画『運び屋』で敬愛するクリント・イーストウッドとの2度目のタッグで念願の初共演を果たした。

運び屋

クリント・イーストウッドが本作で演じるアール・ストーンは、一度に13億円相当のドラッグを運んだ“伝説の運び屋”。その仕事ぶりから巨大麻薬組織からも一目置かれ、全米の警察が必死でその正体を追うが、捜査線上に浮上してこない謎の存在だ。

映画『運び屋』で、謎の運び屋を追う連邦麻薬捜査局のコリン・ベイツを演じているのが、ブラッドリー・クーパーだ。2015年公開の映画『アメリカン・スナイパー』に主演し、俳優としての評価を揺るぎないものとしたクーパーが、2度目のタッグとなるイーストウッドとの現場、役柄について語ったコメントと、日本初となる場面写真が解禁された。

運び屋

解禁された場面写真は、必死の捜査を続けるベイツと、運び屋アールがダイナーで偶然対面するシーンをとらえたもの。ベイツは目の前の老人が、自分たちが追っている運び屋だとは思いもせずに話しかけ、アールは彼が何者かを察知した上で自身の正体を隠し振る舞う。監督イーストウッドとの現場を経験したクーパーにとって、イーストウッドとの共演は念願だった。

「光栄にも『アメリカン・スナイパー』で彼と組めたけど、あの作品では彼は演じていなかった。今回は共演できるということで、僕はすぐに“やる!”と言った」と、出演のオファーを二つ返事で快諾したと明かす。イーストウッドが自分と同年代の主人公アールを演じたことについて、「88歳という同年代の役柄を、クリントがわざと年寄りであるかのように“演じなければならない”という点が彼のすごいところだよ。たくましいアスリートみたいなクリントが、もう何年も“棺おけに片足を突っ込んでいる”ような人物を演じるのを見るのは楽しかった」と、俳優イーストウッドの演技を間近にした喜びを噛みしめる。

クーパーが演じるコリン・ベイツは異動してきたばかりの凄腕の麻薬捜査官で、運び屋の捜査で陣頭指揮を執る。「ベイツはシカゴ支局に異動したばかりで、名を挙げたい。最終的にはもう少し勤務状況がよくなる地位まで昇りたいんだ」と、昇進を狙って成果を上げようと懸命に捜査する。「彼は家族から離れて過ごす時間がとても長く、家族からは不満の声が出ているんだけど、相当な量のコカインをアメリカに運び込んでいる謎の運び屋を突き止める任務に命じられると、それに熱中する。彼はこの任務こそ、認められるチャンスだと思っているんだよ」と解説する。

運び屋

さらにクーパーは、追う物と追われる物の共通点があると指摘する。「皮肉なことに、アールとの間には接点があるんだ。どちらも家族を最優先にしてこなかったこと……。アールは、それを取り戻すようにベイツに強く促す」というのだが…。ブラッドリー・クーパーが語るこのシーンは、ベイツとアールがダイナーで出くわした時に交わされることになる。ふたりがどんな会話を交わすのか、それは本編でじっくりとお楽しみいただきたい。

名優イーストウッドと夢の共演を果たしたブラッドリー・クーパーに、ローレンス・フィッシュバーン、アンディ・ガルシア、マイケル・ペーニャ、ダイアン・イーストといったアカデミー賞の常連俳優が脇を固め、アリソン・イーストウッド、タイッサ・ファーミガら、豪華キャストが顔を揃える。全世界待望クリント・イーストウッドの傑作サスペンス『運び屋』は3月8日(金)より全国ロードショーとなる。

映画『運び屋』は3月8日(金)より全国公開

(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

運び屋

運び屋

4.1
2019/3/08 (金) 公開
出演
クリント・イーストウッド/ブラッドリー・クーパー/ローレンス・フィッシュバーン/アンディ・ガルシア/マイケル・ペーニャ/ダイアン・ウィ―スト/アリソン・イーストウッド/タイッサ・ファーミガ ほか
監督
クリント・イーストウッド