クリスチャン・ベール主演『バイス』、“史上最凶の副大統領”チェイニーにフィーチャーした特別映像解禁

4月5日(金)公開の映画『バイス』より、主役の極悪副大統領ディック・チェイニーにフィーチャーした特別映像が解禁された。

バイス

本作は、ジョージ・W・ブッシュ政権(2001-09)で、アメリカ史上最も権力を持った副大統領、ディック・チェイニーを描いた社会派エンターティメント。クリスチャン・ベールがディック・チェイニーの20代から70代までの人生を、体重を約20キロ激増して見事な演技で魅了。第91回アカデミー賞では、俳優部門を総ナメにし8部門にノミネートされ、メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した。

今回解禁となったのは、本年度アカデミー賞で監督賞と脚本賞にノミネートされたアダム・マッケイ監督が、主役となる副大統領ディック・チェイニーについて語っている貴重な特別映像。絶大なる権力を誇っていたディック・チェイニーについて、「不可思議な人物だ。これほど歴史を変えた人間はいない。すべてを裏で操るタイプで、注目を浴びようとはしないが、支配権を手にし、いつの間にか我々の生活を変えていた。知性と野心を持ち合わせ、官僚のこともよく知る男だ」と語るアダム・マッケイ監督。

その言葉通り、妻のリン(エイミー・アダムス)に「史上最年少よ。キスしてあげる。ホワイトハウスで」と言われるがままに素直に従う姿もあれば、ラムズフェルド(スティーヴ・カレル)に「ホワイトハウスを乗っ取りましょう」と不敵な笑みを浮かべて悪巧みをするなど、まさしく「不可思議な人物」であったことがうかがえる。

タイトルの「バイス」は、バイス・プレジデント(副大統領)を指すだけでなく“悪徳”や“邪悪”という意味もこめられており、アメリカを操り“史上最凶の副大統領”といわれたチェイニー副大統領が本作でどう描かれているのか、いよいよ公開となる本作から目が離せない。

映画『バイス』は4月5日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開

(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

バイス

バイス

4.0
2019/4/5(金) 公開
出演
クリスチャン・ベール/エイミー・アダムス/スティーヴ・カレル/サム・ロックウェル ほか
監督
アダム・マッケイ