吉沢亮、「キングダム」キャラクター診断の結果にガックリ?「王様演じてたのに…」

俳優・吉沢亮が8日、都内・スペースFS汐留にて行われた映画『キングダム』公開直前イベントに出席。「キングダム」キャラクター診断の結果に肩を落とす一幕があった。

キングダム

時は紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王・嬴政(後の秦の始皇帝)を壮大なスケールで描く漫画「キングダム」(原秦久/集英社)。主人公の信(しん)役に山﨑賢人を迎え、嬴政(えいせい)役に吉沢亮、楊端和(ようたんわ)役に長澤まさみ、河了貂(かりょうてん)役に橋本環奈、将軍・王騎(おうき)役に大沢たかおらが集結。監督を『いぬやしき』『BLEACH』などで知られる佐藤信介が務める。

キングダム

本作で、漂(ひょう)と嬴政(えいせい)の一人二役を演じる吉沢。共演した山﨑賢人、橋本環奈、本郷奏多らとの撮影を振り返り、イベントでは、原作の熱狂的ファンとして知られる吉村がコーナーMCを務める『「キングダム」キャラクター診断』が実施された。

キングダム

「壁(へき):真面目な中間管理職タイプ」との診断結果を受けた吉沢は「壁(かべ)かよ〜…」と笑みをこぼしながらガックリ。上司の命令を忠実に守る真面目で慎重なタイプで、順応性が高く、物事を丸く収めることのできる中間管理職タイプ。我慢強い反面、「ノー」と言えないためストレスを抱えることもあるという。山﨑から「確かに『ノー』とは言わないね。全部受け入れちゃってるよね」との言葉が。

キングダム

自身の演じた漂や嬴政ではない結果に吉沢は「嬉しいでーす」とふてくされながらコメントし、会場は笑いに包まれた。さらに、山﨑・橋本・本郷と「リーダータイプ」と揃っての結果に、吉沢は「みんなリーダータイプなのになんで俺だけ中間管理職タイプなんだ(笑)王様演じてたのに…」と嘆く一幕もあった。

映画『キングダム』は4月19日(金)より全国東宝系にて公開

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

キングダム

キングダム

4.5
2019/4/19 (金) 公開
出演
山﨑賢人/吉沢亮/長澤まさみ/橋本環奈/本郷奏多/満島真之介/阿部進之介/深水元基/高嶋政宏/要潤/橋本じゅん/坂口拓/宇梶剛士/加藤雅也/石橋蓮司/大沢たかお ほか
監督
監督:佐藤信介/原作:原秦久