中村倫也、実写『アラジン』“プレミアム吹替版”で歌声披露 ジャスミン役に木下晴香

6月7日(金)公開のディズニー実写映画『アラジン』の日本語吹替版に、中村倫也と木下晴香が参加することが明らかになった。

アラジン

主人公アラジン役に実力・人気ともにジャンルレスな実力派俳優・中村倫也、自由に憧れる王女ジャスミン役に新進気鋭のミュージカル女優・木下晴香が決定。数々の実力派が集まったオーディションを突破した2人の起用の大きなポイントとなったのは、その演技力と歌唱力、2人の「ホール・ニュー・ワールド」の歌声だという。

アラジン

素晴らしい3人のアンサンブルが夢と希望を紡ぐ実写映画『アラジン』。本作では、一流の演技力と歌唱力兼ね備えた豪華キャストたちが台詞だけではなく、歌まで完全に吹替える“プレミアム吹替版”が公開される。この“プレミアム吹替版”参加吹替えキャストとして、アニメーション版でも同役を演じた山寺宏一がジーニー役を務めることが明らかになり、多くのファンが歓喜の声を上げた。

アラジン

様々な演技で見せる色々な顔が多くの人を惹きつけてやまない中村は、貧しい青年から王子まで様々な顔を見せ街の人々や魔人、王女まで惹きつけるアラジンを演じるのに適任であり、その確かな演技力でアラジンの魅力を最大限に引き出してくれるに違いない。また、若干20歳ながらミュージカルの大舞台で堂々とメインキャストを務めている木下は、ジャスミンのもつ自立心と好奇心、そして気品に溢れた雰囲気と声を持っており、ジャスミン役は他にはいないほどのハマり役になるはず。

さらに、最終的に決め手になったのは2人の「ホール・ニュー・ワールド」の歌声。最高にロマンチックなシーンに流れる甘いアラジンの歌声と、初めての自由な旅を満喫するジャスミンの伸びやかな歌声がピタリとはまっており、このシーンが象徴する2人の喜びと幸せを最大限に表現していたことが起用の最大の理由となった。

アラジン

そんな期待を受け、吹替えの初参加作品が既に人気も高い『アラジン』になったことについて木下は、「(ジャスミン役に選ばれて) すごく嬉しいです。数あるディズニーの作品の中でも本当に大好きな作品の一つで、まだどこか信じられていない自分がいるのに、ここにいるこの状態・・・」と『アラジン』のテーマとなる“願い”にかけて、「思い続ければ願いは叶う!」とコメントを寄せ、嬉しさを爆発させた。

また、起用の決め手となったという「ホール・ニュー・ワールド」のシーンについて中村は、「自分が携わる仕事で、感じたことのない感動がありました。小さい頃から知っている名曲に自分が歌って吹き込んで完成版を観たとき、珍しく鳥肌が立ちましたね。アラジンはジャスミンを誘って一緒にいろんな世界を見て回ろうよという、優しさと強さ、ちょっとした強引さがありながら素敵な体験をさせてあげる・・・ そういう幸せな気持ちやキラキラした感情がいっぱいのシーンになればいいなと思って吹替えをしました」と、特別な思いも語っている。

映画『アラジン』は6月7日(金)より全国公開

(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

アラジン

アラジン

5.0
2019/6/07 (金) 公開
出演
メナ・マスード/ナオミ・スコット/ウィル・スミス ほか
監督
ガイ・リッチー