きっと雨が好きになる映画

今年も梅雨の時期がやってきました。

毎日のように雨でジメジメ。
洗濯物は乾かないし、移動は大変ですし、、
家に閉じこもっていたくなりますよね(-_-)

お家で過ごすなら、 雨 が楽しみになるような映画を観るのはいかがでしょうか?
雨 のお出かけも億劫じゃなくなるかもしれません!
今回は選りすぐりの5つの映画をご紹介します。

 

雨に唄えば
──雨に唄えば、心も弾む!

 雨

『巴里のアメリカ人』のジーン・ケリーが主演を務め、サイレントからトーキーに移行し始めた頃のハリウッドを描いたミュージカル。

サイレント映画全盛の時代、俳優ドン(ジーン・ケリー)と大女優リナ(ジーン・ヘイゲン)はハリウッドの大スター。二人は結婚を噂されているが、実際はリナが一方的にドンに惚れているだけだった。ある夜、ドンは歌も踊りも上手い新進女優キャシー(デビー・レイノルズ)と恋に落ちる。やがて、ハリウッドにトーキーの波が押し寄せ、ドンとリナの新作もトーキーで製作されることになる。しかしリナは致命的な悪声の持ち主で、映画は散々な仕上がりに。そこでドンはリナの声をキャシーに吹き替えてミュージカル映画を製作することを思いつく……。

劇中でジーン・ケリーが「Singin’ In The Rain」を歌いながらタップダンスを踊るシーンが有名ですよね!この映画を思い出して、あなたも雨の日に思わず歌って踊りだしたくなっちゃうはず♪

 

となりのトトロ
──最高のドキドキとワクワクがつまった夏の贈りもの。

 雨

スタジオジブリ制作による、あらゆる世代から支持され続ける国民的アニメーション。原作・監督・脚本は宮崎駿です。

舞台は昭和30年代。考古学者の父、小学校6年生のサツキ、4歳のメイが田舎の一軒家に引っ越して来る。美しく豊かな自然に囲まれたその家には、不思議な生き物が住んでいた……。

この映画といえば、サツキがトトロに出会う雨の夜のシーンなど印象的な雨のシーンがいくつかありますよね。何度も見ている方も心持ちが違うと、グッと来るポイントも変わってまた新しい楽しみ方を発見できる作品だと思います。雨の日に、あなたもトトロと出会えるかもしれません・・・!

 

ショーシャンクの空に
──彼が飛びたつとき、奇跡と感動がおこる!

 雨

『ブロブ/宇宙からの不明物体』脚本家F・ダラボンが、ティム・ロビンスとモーガン・フリーマンを主演に迎え、S・キングの短編小説『刑務所のリタ・ヘイワース』に惚れ抜いて作り上げた渾身の劇場監督デビュー作。

無実の罪でショーシャンク刑務所送りとなった銀行家アンディ(ティム・ロビンス)。囚人レッド(モーガン・フリーマン)と出会い、やがて彼は自ら持つ不思議な魅力ですさんだ受刑者達の心を掴んでゆく。そして20年の歳月が流れた時、彼は冤罪を晴らす重要な証拠をつかむのだが……。

絶望の中から希望を見出す主人公の姿に勇気をもらえます。そして、上の画像にもある、このポーズ! 雨 の中、一度はやってみたいですよね。この梅雨の雨が、あなたの心身に溜まり溜まったものを洗い流してくれるかも・・・?

 

いま、会いにゆきます

── 雨 とともに訪れた、6週間の優しい奇蹟

雨

大ベストセラーとなった市川拓司の同名小説を、「ビューティフルライフ」や「オレンジ デイズ」の大ヒットドラマを手掛けた土井裕泰監督により映画化されたラブ・ファンタジー。

一年前に妻の澪(竹内結子)に先立たれ、一人息子の佑司(武井証)とつつましく暮らしていた秋穂巧(中村獅童)。そんなある日、巧は亡くなったはずの妻に似た女性と出会う。しかし、彼女は一切の記憶を喪失していたのであった……。

梅雨の時期が舞台の物語。映画と気持ちをシンクロさせて観るのもおすすめです。日本独特の湿り気のある 雨 の様子と緑が美しく表現されていて、冷たい 雨すら優しく感じられるようになるかも。

 

言の葉の庭
── 雨 の日だけの逢瀬・・・

 雨

『空の向こう、約束の場所』『秒速5センチメートル』の新海誠が描く、 雨 にまつわる恋愛アニメーション。

靴職人を目指すタカオは、雨が降ると学校をサボって公園の日本庭園に来ることが習慣となっていた。ある日、タカオはなぞの女性ユキノに出会い、 雨 の日だけに会って心を通わせてゆく。居場所を見失ったユキノのために、タカオは靴をつくってあげようと決意するが……。

この映画、 雨 の雫、一粒さえも丁寧に描かれていて雨がこんなにも神秘的で美しいものだったのかと、はっとさせられてしまいます。また、小雨、土砂降り、お天気雨など、 雨 による多彩な描写にも注目。 雨 の日にはこの映画の中にいるような気分になれるかもしれません。

 

いかがでしたか?

今回は、「きっと雨が楽しみになる映画」をご紹介しました。

雨で憂鬱な梅雨の時期、「雨の日なんて」ではなくて

「せっかくの雨だから」と気持ちが切り替えられるといいですね。

映画を観たあとは、ぜひ映画ランドでレビューを書いてくださいね♪

ダウンロードはこちらから

appstore googleplay

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で