SW『ローグ・ワン』新予告、究極兵器デス・スターの開発者ジン・アーソの父親が登場

スター・ウォーズの原点へと続く“もうひとつの物語”『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が12月16日より世界中で公開される。この度、新たな予告編が公開された。

ローグワン/スターウォーズ・ストーリー

エピソード4』の直前までが描かれる本作は、反乱軍の寄せ集め極秘チーム〈ローグ・ワン〉が、全銀河を脅かす究極兵器「デス・スター」の設計図を奪う不可能なミッションが描かれる。フェリシティ・ジョーンズを主演に迎え、ディエゴ・ルナ、ベン・メンデルソーン、ドニー・イェン、チアン・ウェン、フォレスト・ウィテカー、マッツ・ミケルセン、アラン・テュディックらが出演。監督を『GODZILLA ゴジラ』のギャレス・エドワーズが務める。

ローグ・ワン

予告編には、フェリシティ・ジョーンズ演じる孤独な女戦士ジン・アーソの父であり、究極兵器デス・スターの開発者であるマッツ・ミケルセン扮する科学者ゲイレン・アーソが登場。本作の核心でもある究極兵器「デス・スター」と、その開発者であるジンの父親に迫る内容となっており、「我々がここで扱っている力は…計り知ることのできないものだ」とクレニック長官がダース・ベイダーに主張するように、デス・スターが銀河の運命を握るキーとなっていることが強調される。

反乱軍にとってデス・スターの設計図を盗み出すことが、帝国軍と戦う唯一の方法となった『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の前夜、そのフォースの信じられなくなった時代に何が起きたかを知ることのできる作品として再定義されている。強大な力を前に何ができるのか絶望的な声をあげる者がいるなかで、ジン・アーソが選ぶ未来は”希望”。絶望ではなく、希望こそがジンが命を懸けて戦う理由であり、反乱軍を、銀河の運命を担っているのだ。

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日(金)より全世界公開

【CREDIT】
監督:ギャレス・エドワーズ 製作:キャスリーン・ケネディ
出演:フェリシティ・ジョーンズ/ディエゴ・ルナ/ベン・メンデルソーン/ドニー・イェン/チアン・ウェン/フォレスト・ウィテカー/マッツ・ミケルセン/アラン・テュディック
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

© 2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

参考:http://www.ew.com/article/2016/10/13/set-your-sights-new-trailer-rogue-one-star-wars-story

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で