生田斗真が“神対応”!広瀬すずも「伊藤先生、流石です!」『先生!』ロケ地の高校にサプライズ訪問

映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』で主演を務める生田斗真、広瀬すずが14日、本作のロケ地である岡山学芸館高等学校で行われた試写会にサプライズ登壇。2人の訪問については事前に知らされず、三木孝浩監督をゲストに迎えた特別試写会として体育館に集合していた約1,000名の学生たちは、サプライズ登場した生田と広瀬に思わず号泣するなどパニック気味に大歓声を浴びせた。

先生!

試写会上映後、本作の世界感を堪能した生徒らから温かい歓声と拍手で迎えられた三木監督。「撮影にお世話になったところに、再び戻ってくれて嬉しいです!」と開口一番、本作の撮影以来約1年ぶりとなる岡山再訪に喜び。続けて、「皆さん本人(生田と広瀬)に会いたかったですよね~!ごめんね、僕だけで!申し訳ない!」と三木監督が釈明する中、「でも、現場で皆にお世話になったので…皆会いたいよね!…ということで!!!」と呼びかけ、生田と広瀬がサプライズ登場。悲鳴にも似た黄色い声援が飛び交う中、2人は整列している生徒の合間を縫ってステージまで歩いたが、興奮する生徒たちのなかには号泣する生徒も。

ようやく壇上にあがった生田と広瀬は、大騒ぎする生徒らのあまりの熱気に唖然とした様子を見せつつも「皆さんこんにちは!こんな風に盛り上がってくれて嬉しいです。男子めっちゃ元気だね!元気でよろしい!(笑)」とサプライズの成功を喜びつつ、「雨の中本当にありがとうございます!今日は皆さんに少しでも恩返しができればと思います!」と生田が語ると、続く広瀬も「撮影では本当にお世話になりました!皆さんにこうして作品を観てもらえて嬉しいです」と生徒らの声援に笑顔で応えた。

先生!

「響が伊藤先生に目隠しするベンチでのシーンや、響が投げた辞書で伊藤が起こされるシーンとか。印象的なシーンをこの学校でロケさせていただきました。外廊下とか、本当にキレイな校舎ですよね。あと、ロケ中に美味しいカレー屋さんを女子生徒に教えてもらったんですが、本当に美味しかった」(生田)「橋の上からの景色が本当に綺麗なロケーションでしたし、路面電車も東京にはほとんどないと思うので、印象に残っています。メガネを踏んじゃって壊すシーンやウェディングドレスで走る階段のシーンなど、想い出が沢山あります」(広瀬)と、それぞれ学校での撮影を感慨深い様子で想い起した2人。

<先生>と<生徒>ながら、お互いに不器用なほど純粋なキャラクターを演じた2人の役作りについて、三木監督は「生田さんのカッコよさを少しおさえるというか、髪をぼさぼさに、衣装もシャツとネクタイを緩くするなど、見た目にもこだわりましたね」と明かし、一方の広瀬は、「前髪から見える目線や声のトーンなど、監督と細かく話し合ってから撮影に臨んでいました」と述懐した。

イベントでは、無愛想だけど、テスト期間中いつでも生徒が質問しに来られるよう学校に寝泊まりするほど、実は生徒想いの教師・伊藤先生を演じた生田による“伊藤先生のお悩み相談コーナー”を実施。「特別課外授業」として、広瀬らとともに会場の生徒たちから集められたお悩み相談を受けた。

伊藤先生に相談できる貴重な機会とあって多くの手が挙がる中、「私も将来演技をするような仕事につきたいのですが、芸能界の世界で活躍するためのアドバイスはありますか?」という質問が挙がると、生田は「やっぱり家族とか友達とか、身の回りの人を大切にすべきだと思います。身近な人を大切にできない人は、遠くの人を幸せにできないかなと思います!」とアドバイス。さらに、「もしかしたら今後一緒に仕事するかもしれませんし、その時はよろしくお願いしますね」と笑顔でコメント。女子生徒らから再び黄色い歓声が巻き起こる中、広瀬も「かっこいい!私もその通りだと思います。伊藤先生、流石です!」と目を輝かせていた。

その後の、女子生徒からによる「一番苦手な数学で、90点目指すので、好きになってもいいですか?!」との相談には、さすがの生田も照れ笑いを浮かべながら「(好きになっても)いいよ」と優しい声色で答え、場内からは発狂の声が響き渡った。

さらに、教師陣からも伊藤先生に向け「私も生田さんに憧れていまして、いつかジャニーズ事務所に入りたいと思いっています。ただ、私が『好きになってもいいよ』と言っても、誰も好きになってもらえません…どうしたら伊藤先生のようにスマートでカッコいい先生になれますか?」との切実な悩みを相談された生田。「(先生が手を挙げた時の)生徒たちの反応が凄くて、人気者の先生なんだなって感じましたよ!そのままで大丈夫です!」とフォローしながらも、「もしジャニーズ事務所に入りたい場合、ジャニーズJr.から始めてもらわないといけないので(笑)、まずはダンスとかお芝居を頑張っていただけたらと思います」と真面目に答え、笑いを誘っていた。

最後に生田は「学生の時って朝起きるのが大変とか、勉強が嫌いとか色々と感じるかと思います。僕もそうでした。だけど、今想えば、学生生活は本当に貴重で、僕自身タイムマシンがあったら学生生活に戻りたいです。恋や夢など、これから壁にぶち当たった時に、それを乗り越えられるように、本当にこのわずかな煌びやかな時間を謳歌していただけたらと思います」とメッセージ。一方の広瀬も「皆さんのお陰で、今恋をしている人にも、そうでない人にも、『恋っていいな』って思ってもらえる作品になったと思います。沢山の人に愛される作品になったら嬉しいです」と感謝の想いとともに映画を改めてアピールした。

映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』は10月28日(土)より全国公開

【CREDIT】
出演:生田斗真 広瀬すず 竜星涼 森川葵 健太郎 中村倫也 比嘉愛未 八木亜希子 森本レオ
原作:河原和音『先生!』(集英社文庫コミック版)
主題歌:スピッツ「歌ウサギ」(ユニバーサルJ)
監督:三木孝浩 脚本:岡田麿里
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:sensei-movie.jp

©2017 映画「先生!」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で