最も残虐な悪“ヴェノム”が猛威振るう新予告、日本版ポスターも解禁

スパイダーマンの宿敵として知られる凶悪ヴィランを主人公に描く映画『ヴェノム』が11月2日(金)に公開される。この度、本作の新予告と日本版ポスターが解禁となった。

ヴェノム

マッドマックス 怒りのデス・ロード』『レヴェナント:蘇えりし者』などで知られるトム・ハーディが、凶悪ヴィラン“ヴェノム”へと変貌するエディ・ブロックを演じる本作。

ヒロイン役にミシェル・ウィリアムス、監督を『ゾンビランド』『L.A.ギャング・ストーリー』などを手がけたルーベン・フライシャーが務める。脚本には、『アメイジング・スパイダーマン2』の原案・脚本を担当したジェフ・ピンクナーをはじめ、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』でタッグを組んだスコット・ローゼンバーグらが名を連ねる。

敏腕記者エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、人体実験で死者をだしているという<ライフ財団>の真相を追う中、ある“最悪な”ものを発見し、接触してしまう。それは<シンビオート>と呼ばれる地球外生命体だった。この意思を持った生命体との接触により、エディの体は寄生され、その声が聞こえるようになる。「一つになれば、俺たちはなんだってできる」とシンビオートはエディの体を蝕み、一体化し、ヴェノムとして名乗りを上げる。

ヴェノムはそのグロテスクな体で容赦なく人を襲い、そして喰らう。相手を恐怖に陥れ、目玉、肺、すい臓、体のどの部位も喰い尽くす。悪党に対し、両手両足の次に顔を食いちぎってやる、と喜々として脅す。エディは自分自身をコントロールできなくなる危機感を覚える一方、少しずつその力に魅了されていく。

ヴェノムと対峙するキャラクターは、先日行われた“コミコン・インターナショナル・サンディエゴ”で発表された<ライオット>。ライフ財団によって作り出されたであろうその悪の存在もまた、ヴェノム同様、強烈なインパクトで登場する。解禁となった新予告では、ヴェノムの“悪の魅力”が一気に炸裂。最も残虐な悪の存在として、ますますインパクトを強めたビジュアルの全貌が明らかになった。

ヴェノム
前売り特典:オリジナル・ミニフィギュア

オリジナル・ミニフィギュア(巻きつくベロ付き)の特典付きムビチケカードは8月10日(金)より発売される。

映画『ヴェノム』は11月2日(金)より全国公開

©&TM 2018 MARVEL

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ヴェノム

ヴェノム

0.0
2018/11/2(金) 公開
出演
トム・ハーディ/ミシェル・ウィリアムス/リズ・アーメッド/スコット・ヘイズ/リード・スコット ほか
監督
ルーベン・フライシャー