『打ち上げ花火』公開アフレコ初挑戦に広瀬すず&菅田将暉が緊張、宮野真守「爪痕残してやろう!」

劇場アニメーション映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の公開アフレコイベントが25日、都内・アバコクリエイティブスタジオにて行われ、広瀬すず、菅田将暉、宮野真守が出席した。

打ち上げ花火

原作・岩井俊二、脚本・大根仁、総監督・新房昭之が豪華タッグを組む本作は、“繰り返される夏の一日”、恋の奇跡を描くラブストーリー。「花火は横から見たら丸いのか?平たいのか?」夏休みの花火大会を前に、クラスのアイドル的存在・なずなに想い寄せる典道は、ある出来事から時間が巻き戻る不思議な体験を繰り返していく。再婚する母親から逃れようと「かけおち」を画策するヒロイン・なずな役に広瀬すず、典道役を声優初挑戦となる菅田将暉、典道の恋敵となるクラスメイト・祐介役を宮野真守が演じる。

打ち上げ花火

それぞれ緊張した面持ちで登場し、お互いの印象を聞かれた広瀬は「菅田さんとは初めてで、宮野さんとは2回目の作品。(約1年前のアフレコ収録時は)お互い正面を見てお芝居するわけではなかったので、すごい変に力が入ってました。ドギマギしてたんですが、(普段から声優として活躍している)宮野さんがいてくださってよかったです」とにっこり。

打ち上げ花火

声優初挑戦となった菅田は「だんだん初体験って減ってくるもので…今回オーディションを受けて『勝ち取ってやったぜ!』っていう感じです(笑)みずみずしい中学生の役は、今やっておかないと後々できなくなるなと思っていたので。チャレンジの意味も含めて、今回すごく楽しかったです!」と明かす。その言葉に、同級生を演じる宮野は「33歳で中学生やってます(笑)」と笑いを取り、「ぜひアニメーションの世界においでください!」と2人を勧誘していた。

打ち上げ花火

経験豊富な宮野が現場を引っ張っていたようで、広瀬・菅田との共演に「フレッシュでしたね!ピュアな2人のオーラとか、一緒にお芝居できることに喜びを感じながらやらせていただきました」と笑顔をのぞかせた。そんな宮野の芝居に、菅田は「水の中で声の芝居をするときに『コポコポコポっていうのをどうやったらいいですか?』って聞いたら、『こうかなぁ』ってやってくれて。それがもう完全にアニメーションに見えるんです。面白いなぁと思いましたね」と良い刺激を受けた様子だった。

打ち上げ花火
打ち上げ花火
打ち上げ花火

それぞれが初挑戦となる公開アフレコを前に、菅田が宮野に「緊張してますか?」と聞くと、宮野は「マスコミの方がいる前では初めてですね。爪痕残してやろうと思ってます!」とハニカミ、2人に「思いっきりやったほうが良いよ!頑張ろう!」と声をかけていた。アフレコでは、3人の共演シーンや、広瀬と菅田の場面、菅田と宮野の校内での会話シーンなどを披露した。

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は8月18日(金)より全国東宝系にて公開

【CREDIT】
声の出演:広瀬すず 菅田将暉 宮野真守
原作:岩井俊二 脚本:大根仁
総監督:新房昭之 監督:武内宣之 音楽:神前暁
アニメーション制作:シャフト
公式サイト:http://uchiagehanabi.jp

©2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で