菅田将暉、中学時代に校内全体を停電させた!?「わけもわからず涙が出た」「本当に申し訳なかった」

俳優の菅田将暉が25日、都内・アバコクリエイティブスタジオにて行われた劇場アニメーション映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の公開アフレコイベントに出席。共演する広瀬すず、宮野真守と中学時代のエピソードを披露した。

打ち上げ花火

原作・岩井俊二、脚本・大根仁、総監督・新房昭之が豪華タッグを組む本作は、“繰り返される夏の一日”、恋の奇跡を描くラブストーリー。「花火は横から見たら丸いのか?平たいのか?」夏休みの花火大会を前に、クラスのアイドル的存在・なずなに想い寄せる典道は、ある出来事から時間が巻き戻る不思議な体験を繰り返していく。再婚する母親から逃れようと「かけおち」を画策するヒロイン・なずな役に広瀬すず、典道役を声優初挑戦となる菅田将暉、典道の恋敵となるクラスメイト・祐介役を宮野真守が演じる。

打ち上げ花火

“繰り返される夏の一日”が描かれる本作にちなみ、3人に「もし中学時代に戻れるなから、もう一度やり直したいことは?」と質問が。広瀬は「合唱コンクール。中学2年生からお仕事を始めていたので、中2・中3と(合唱コンクールに)出た記憶がなくて。歌うことだけに集中して、みんなでハモって『頑張ったね!』って言い合いたいです」と告白。

打ち上げ花火

菅田は「中学生の頃に、学校全体が停電した事件があって…僕がやりました。本当に申し訳なかったなと思います」と反省。続けて「理科の時間にピンセットを使う実験があって、コンセントに(穴のサイズとピンセットの先端同士の幅が)『あれ?ぴったり!』と思って、グッてやった瞬間にバーンって(笑)学校中が停電して、わけもわからず涙が出てましたね」とエピソードを披露した。宮野は「ピンセット刺しちゃダメだってわかるでしょ普通!体に何もなくてよかった」と笑い、広瀬は「わかります!なんか爪楊枝とか入れたくなる(笑)好奇心が旺盛で」と共感していた。

打ち上げ花火

一方の宮野は、本作のような淡い恋のエピソードがあったようで、菅田が「え?タイムスリップしたんですか!?」とツッコミ。宮野は「するか!“甘酸っぱい”だけをピックアップして!」と笑いを取り、「好き同士になったんですが、恥ずかしくて無視しちゃった!そういうの思い出しながら演じてました」と続けた。

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は8月18日(金)より全国東宝系にて公開

【CREDIT】
声の出演:広瀬すず 菅田将暉 宮野真守
原作:岩井俊二 脚本:大根仁
総監督:新房昭之 監督:武内宣之 音楽:神前暁
アニメーション制作:シャフト
公式サイト:http://uchiagehanabi.jp

©2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で