『結婚』ディーン・フジオカの立ち振る舞いに貫地谷しほりら女優陣がメロメロ「常に完璧で紳士」

映画『結婚』完成披露試写会が8日、都内・角川シネマ新宿にて行われ、主演のディーン・フジオカをはじめ、柊子、中村映里子、松本若菜、安藤玉恵、萬田久子、貫地谷しほり、監督の西谷真一が登壇した。

結婚

NHK連続テレビ小説「あさが来た」で五代友厚役を演じ、劇中の彼の死を受け入れられない視聴者の間で“五代ロス”という言葉が生まれるほど大ブレイクしたディーン・フジオカ。本作では、あらゆる女性を大人の色気で翻弄し、金品を騙し取る魅惑の結婚詐欺師・古海健児を演じる。共演に柊子、中村映里子、松本若菜、安藤玉恵、古舘寛治、萬田久子、貫地谷しほりが名を連ねる。監督は「あさが来た」でチーフ演出を務めた西谷真一が、脚本を「結婚できない男」「梅ちゃん先生」を手がけた尾崎将也が担当する。

結婚

大歓声で迎えられたキャスト陣。すでに公開前から、ファンの間で「ウルミー」の愛称で親しまれている結婚詐欺師・古海を演じたディーンは「犯罪者なので…(演じる前は)どうしたもんかと思いました。結婚詐欺は犯罪です」とハニカミ。「そいうい生き方を選ばざるをえない理由が古海にはあって、役を掘り下げていく中で、犯罪者なんだけれども放っておけないような、魅力のあるキャラクターになればいいなと思いながら演じさせていただきました」と役を振り返ると、ファンからは「騙して〜♡」とディーンの色香にメロメロな様子で歓声が上がっていた。

結婚

ディーン扮する古海の相棒役で共演した柊子は、社交ダンスのシーンに苦戦したようで「お会いしてすぐに社交ダンスのレッスンがあって。私が何回も失敗しても、優しく『もう一回やろう』と声をずっとかけてくださいました。本当にありがとうございました」と感謝していた。ディーンも「社交ダンスってお互いのここ(腰骨あたり)を合わせるんですよね。男性だからリードする役目で、信頼してくださったおかげで撮影がスムーズに行きましたね」と笑顔をのぞかせた。

結婚

柊子のほかにも、ディーンと共演した女優陣から「いっつもかっこよくて、何か変なところとか見つけられないかなと思っていたんですが、常にディーンさんは現場で古海として居られた。プロフェッショナルで徹底した雰囲気に尊敬しました」(中村)、「いじわる心で『何かないかな』『歯に青のりとか付いてないかな』と見てみても、全く欠点がないんです!常に完璧で紳士に接してくださった」(松本)、「一言では言えないけれども…何か遠いところを見ていますよね。それはテクニックではなくて、生まれ持った魅力なんでしょうね。ディーンが結婚詐欺師だったら、正体をわかっていてもずっと騙され続けてあげたくなる」(萬田)とディーンの立ち振る舞いに惚れ惚れしていた。

結婚

一方、古海の妻を演じた貫地谷は「本当に爽やかすぎて、どこか腹黒いところとか見たかったんですが、撮影の合間もずっと監督と台本のことを話していて…現場がとにかく寒くて、ストーブを私の方に向けてくれたり、本当にいろいろ心遣いをしてくれました」とディーンの紳士な一面をのぞかせた。ディーンも撮影現場は寒かったようで、萬田が「ディーンの弱点を見つけました。耳が寒いでしょ!?」と言うと、ディーンは「そうですね(笑)」と赤面。「(寒さで)耳が痛くて…基本寒いの苦手なんです。普段暖かいところに住んでいるので」と寒さには弱いところを明かしていた。

結婚

MCから「ディーンさんにとって結婚とは?」と尋ねられると、ディーンは「誓いですよね。誓いあった者同士がより良い未来を創っていく。お互いにコミットして、一緒にネクストレベルを目指して努力をしていくことですかね」と言及した。最後に「作品を観終わったときに、みなさんにとって『結婚とは何か』を考えるきっかけになればと思っています」と公開を楽しみに待つファンへメッセージを贈った。

映画『結婚』は6月24日(土)より角川シネマ新宿ほか公開

【CREDIT】
製作・配給:KADOKAWA
映画公式サイト:kekkon-movie.jp

©2017「結婚」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で